概要

再診問診のポイント

内容
  • 診療科目や疾患等を問わない汎用的に利用できる定期再診患者向けの問診票です。
  • 主に慢性疾患で大きな状態変化がない場合の再診に利用します。
  • 患者の入力負担を減らすため質問数は最小限にしています。
  • 慢性疾患で生活歴等を定期的に聴取したい場合の問診は別にあります。内科問診(再診)
  • 他に心配な点や相談したいことを質問に含めることで診察時に言おうと思っていたけど忘れてしまった、言い出せなかったなどの患者の伝え漏れを防止できます。
対象
  • 再診患者を受け入れている全ての医療機関
入力時間
  • 患者の入力にかかる時間は約1~2分です。

問診の構造

  • この問診では全ての項目でカスタマイズが可能です。

さらに詳しく

患者側の問診画面

ご自身のパソコン、スマートフォンで実際に問診を入力して見ることができます。

問診を入力したい方はこちら

医療機関側の問診画面

患者が回答した内容は、電子カルテ用テキストに変換されます。以下は、カルテテキストの一例です。
※画像をクリックすると拡大表示します。

  • 以下はカスタマイズ可能なエリアです。
  • 質問内容の詳細は、SymView管理画面でご確認いただけます。
    リンクボタンをクリックすると、別タブで該当ページが開きます。

質問内容の一例

  • 本日の目的
  • 発熱の有無
  • 処方されたお薬は適切に飲めていますか
  • その他なにか心配な点や相談したいことはありますか
SymViewユーザ様この公式問診を貴院で利用する手順
  1. 本ページにある「この公式問診を利用する」をクリックします。
  2. リンク先のページ上部、問診タイトルの右側にある「この問診をインポートする」をクリックします。
  3. 貴院の管理画面に問診がインポートされますので、必要に応じて質問や回答を編集をしてください。
  4. 確認後、問診を公開することで、貴院患者様にご利用いただけるようになります。
  • ご利用中のバージョンによっては依頼フォームが表示されます。弊社サポートにて対応しますので、お気軽にご依頼ください。

カスタマイズ事例

  • 前回受診時とは異なる新しい症状があると回答した患者には初診用の問診に遷移させる。
  • 皮膚科では「処方された薬を飲めていますか」を「塗れていますか」に変更。
  • もう少し詳しく問診をとりたい医療機関では、再診で見てもらいたい症状を問診の最初で回答させ、症状に応じた質問が出現するように質問を追加する。

問診広場の問診を使いたい、WEB問診SymViewの導入を検討中の方はこちら