びーすぽっとりょうほうもんしん
Bスポット療法問診

Bスポット療法の問診

概要

Bスポット療法問診のポイント

内容
  • Bスポット療法の初診・再診どちらにも対応が出来ます。
  • 初診では、問診冒頭にはBスポット療法についての注意文を設定しており、読んで理解した上で問診に進めるようになっています。また、過去の実施経験や治療への希望、既往歴、服用薬などBスポット療法の実施に必要な情報を来院前に入力いただけます。
  • 初診・再診ともに各自覚症状の度合いを1~5点で入力してもらい、合計点を自動で計算してカルテテキストに表示することが出来ます。
  • 再診では症状経過のみを確認する内容になっており前回受診時と比べた改善度の参考にしていただけます。
対象
  • Bスポット治療を行う医療機関
入力時間
  • 患者の入力にかかる時間は約5分です。

問診の構造

  • この問診では全ての項目でカスタマイズが可能です。

さらに詳しく

患者側の問診画面

ご自身のパソコン、スマートフォンで実際に問診を入力して見ることができます。

問診を入力したい方はこちら

医療機関側の問診画面

患者が回答した内容は、電子カルテ用テキストに変換されます。以下は、カルテテキストの一例です。
※画像をクリックすると拡大表示します。

  • 以下はカスタマイズ可能なエリアです。
  • 質問内容の詳細は、SymView管理画面でご確認いただけます。
    リンクボタンをクリックすると、別タブで該当ページが開きます。

質問内容の一例

  • 当院でのBスポット療法の治療は初めてですか
  • Bスポット療法についての注意点
  • Bスポット療法について以上の説明文を読んで理解しましたか
  • 当院のBスポット療法を知ったきっかけ
  • Bスポット療法についての希望
  • 経験したもしくは現在治療中の病気
  • 現在飲んでいる薬
  • 各設問で最も症状の強いものを選択し、その症状の度合いを選択して下さい(1~5点)
SymViewユーザ様この公式問診を貴院で利用する手順
  1. 本ページにある「この公式問診を利用する」をクリックします。
  2. リンク先のページ上部、問診タイトルの右側にある「この問診をインポートする」をクリックします。
  3. 貴院の管理画面に問診がインポートされますので、必要に応じて質問や回答を編集をしてください。
  4. 確認後、問診を公開することで、貴院患者様にご利用いただけるようになります。
  • ご利用中のバージョンによっては依頼フォームが表示されます。弊社サポートにて対応しますので、お気軽にご依頼ください。

カスタマイズ事例

  • 耳鼻科問診で慢性上咽頭炎を疑う症状を選択した患者にアラートを設定しておいて、診察時にBスポット療法を提案する。

問診広場の問診を使いたい、WEB問診SymViewの導入を検討中の方はこちら